トップページ > 堀江グラディオ杯

堀江グラディオ杯Horie Gratdio Cup

冠名Crown name

大会名誉会長 故「堀江喜美雄」氏の姓と主催する当チーム名とを合わせて冠名としております。

堀江喜美雄 氏 ご紹介Mr.Horie Profile

 1924年12月19日、神奈川県横浜市生まれ、元日本代表。
横浜市本町小1年からサッカーを始め、当時隣に住むイギリス人「バイヤー氏」から手ほどきを受ける。
同時に山手のセントジョセフに通い練習に明け暮れる。その後、名門・旧制湘南中学、法政大学では
サイドハーフとして活躍。湘南中では関東大会優勝、全国大会連続第3位の成績を収める。
 また、法政大学時代は「日本代表」として、極東オリンピック(現アジアカップ)に出場。その後
「栃木県サッカー協会技術指導担当」時、宇工高時代の松本育夫氏(元・川崎F/サガン鳥栖監督、
前・栃木SCGM)や、矢板東高時代の原博実氏(元・浦和レッズ/FC東京監督、前・日本サッカー
協会技術委員長)等を育てる。
 1948年から今日までの半世紀以上に渡り、県内の強豪・県立真岡高校サッカー部の指導にあたる。
この間、1982年に益子町サッカー協会を設立し初代会長に就任する。1988年に栃木県サッカー
協会会長より、県サッカー競技への振興と尽力に対し、表彰を受ける。
                 サッカーへの溢れる情熱を持ち続け・・・平成27年5月、永眠。

第18回大会の御礼Thanks

 お忙しい中、当大会に参加頂きまして誠に有難う御座いました。
今年は台風の影響で蒸し暑い2日間となり、参加されたチームの皆様は大変ご苦労された事と
思いますが、この酷暑に負けず劣らずの熱戦が各会場で繰り広げられ、大きな事故もなく
大会を終える事が出来ました。皆様に改めて感謝・御礼申し上げます。
 期間中は色々と不手際があり、参加頂いたチームの皆様にはご迷惑をおかけ致しましたが
ご協力、ご理解を頂きまして、誠に有難う御座いました。
 大会運営に関しては至らぬ点も多々あったかと思いますが、第19回大会開催に向けて
更なる準備を致しまして、参加チームの皆様に喜んで頂ける大会にする様努力をして参ります。
 各チームの皆様におかれましては、引き続き次回大会への参加及びご協力を頂けます様
宜しくお願い致します。

 本来であれば、皆様に直接御礼を申し上げるべきところ、この様な形での御挨拶となりました
非礼をお許し願います。

                        堀江グラディオ杯実行委員会

第18回大会の結果Result

結 果

ダウンロードの上ご確認頂けます様宜しくお願い致します。

       『初日(8/5・土)』全結果(PDFファイル)        

       『二日目(8/6・日)』全結果(PDFファイル)        

U−12

【優 勝】 船橋フットボールクラブ(千葉)
【準優勝】 トリプレッタサッカークラブ(千葉)
【第3位】 エスペランサ総和フットボールクラブ(茨城)

U−10

【優 勝】 JFCファイターズ(栃木)
【準優勝】 オオタフットボールクラブ(岡山)
【第3位】 西原少年サッカークラブ(東京)

大会模様

大会の様子については、近日中に写真等を掲載致しますので

暫くお待ち頂けます様宜しくお願い致します。

第17回大会の結果Result

結 果

ダウンロードの上ご確認頂けます様宜しくお願い致します。

       『初日(8/6・土)』全結果                

       『2日目(8/7・日)』全結果        

U−12

【優 勝】 エスペランサ総和フットボールクラブ(茨城)
【準優勝】 立川九小サッカークラブ(東京)
【第3位】 新座片山フットボールクラブ(埼玉

記念撮影

決勝進出2チームにて・・・

U−10

【優 勝】 ばらきサッカークラブ(茨城)
【準優勝】 フットボールクラブ多摩川ジュニア(東京)
【第3位】 西原少年サッカークラブA(東京)

ページトップへ戻る
Copyright(C) Gratdio Football Club All Rights Reserved.
inserted by FC2 system